トップページへ 下鴨店 0120-189-021 西ノ京店 0120-289-021 トゥエンティワン
 京都の不動産売買情報 センチュリー21 ハウスネット関西(株)
  [ホーム]   [会社案内]  [サイトマップ]  [リンク]  [問い合せ]
 

センチュリー21のご紹介 > 事業沿革

概要ネットワークTVCM  会社案内


Century21の事業沿革


世界最大級の不動産ネットワーク
1971年
世界最大級の不動産ネットワークの誕生 アート・バーレットとマーシュ・フィッシャー。2人のアメリカ人が描いた世界最大の不動産ネットワークへの夢。それがセンチュリー21の始まりでした。
1971年
FCネットワークはわずか17店舗でスタートしました。その後3年で店舗数を1,000まで増やしました。
1975年
全米NO.1の不動産ネットワークへと急成長。アメリカンドリームの歴史に新たな1ページを刻みました。
1983年
伊藤忠商事がセンチュリー21と提携
1983年
センチュリー21・ジャパンの誕生。 首都圏に確実にその第一歩を記しました。「不動産先進国」アメリカで生まれたセンチュリー21のシステムは日本でも高く評価され、首都圏NO.1の不動産ネットワークへと成長しました。
1990年
関西圏への進出。日本最大のネットワークへ 。 その優れたシステムは地域性が強いと言われる関西の不動産業界にも受け入れられ、着実に店舗数も増加させていきました。 大手不動産チェーンをしのぎ、関西圏でもNO.1の不動産ネットワークをゆるぎないものにしています。
1999年
中部圏に進出。
より多くのお客様からの信頼にお応えするための企業スローガンとして、『お客様主義宣言』を提唱しました。
2001年
グループ内のエクストラネット”21net”を構築
11月21日  ジャスダックに上場。
新資本金517,750,000円
2003年 九州圏への進出。日本NO.1の不動産ネットワークに向け、更なる一歩を踏み出しました。
2004年 国内574店舗へ拡大 (2004.10現在)
2006年 国内706店舗へ拡大 (2006.7現在)
2007年 国内加盟店数 800店舗突破 (2007.12現在)
2012年 北海道への進出。